トップページに戻る

よくある質問と答え

Q.離婚後の子の養育費の取り決めはどのようにすればいいですか。いくらもらえますか。

A. 養育費については、公正証書などできちんと文書化しておくことが必要です。 
 こどもの必要生活費と父母の扶養によって養育費の額が決まります。養育費の算定表があります。養育費相談支援センターをご参照ください。

Q.自立のため、資格を取得する方法があれば教えてください。

A. 金沢市母子寡婦連合会が実施するパソコン講習会及び介護職員初任者研修等資格取得講習会があります。
 また、金沢市では自立支援教育訓練給付金事業(訓練経費の一部補助有)と看護師など資格取得するための高等技能訓練促進費事業(生活費の一部給付有)があります。詳しくは金沢市福祉総務課(076-220-2285)にお問い合わせください。
 なお、ハローワークには現在の失業中で雇用保険受給中の方のための公共職業訓練や、雇用保険を受けることのできない方のため生活費の一部給付がある求職者支援訓練があります。詳しくはハローワーク金沢(076-253-3030)にお問い合わせください。

Q.病気や就職活動などでこどもの世話や家事ができなくなった時、お手伝いしてもらえる制度はありますか。

A. はい、あります。日常生活支援事業で、一時的に保育や家事、看護を必要とされる家庭に金沢市母子寡婦福祉連合会が家庭生活支援員を派遣し、身の回りのお世話や保育を行います。受け付けは金沢市福祉総務課(076-220-2285)で行っています。

Q.病気になった場合や将来のこどもの進学などを考えるとお金のことが不安です。サポート体制はありますか。

A.母子父子寡婦福祉資金貸付金があります。詳しい制度はこちら

Q.父子家庭でも加入できますか。

A. 加入できます。大いに歓迎します。

Q.母子会に入会したらどんなメリットがありますか。

A. 母子会主催の情報交換会など参加し、母子家庭のお母さんたちと交流ができます。
 母子家庭の福祉制度等について情報が得られます。
 母子会主催のレクリエーションなど各種行事に参加できます。