トップページに戻る

経済のサポート



[児童扶養手当]

 父母の離婚などにより、父(母)と生計を別にしている児童(18歳になって最初の年度末まで。
ただし、中~重度の障害のある児童は20歳未満)を養育している父(母)、または父(母)に代わって養育している方に支給されます。
 ただし、前年の所得が一定額以上の場合は、手当額よりも年金額が少ないときに差額が支給されます。
◎手当の支給については、所得制限があります。
※父(母)がいても重度の障害、生死不明、保護命令、拘禁されている等の場合には手当が支給
◆手当月額 (全部支給の場合) 平成29年4月1日~
児童1人児童2人児童3人
42,290円52,280円58,270円
  • *児童2人目 5,000円~9,990円を加算
  • *児童3人目以降  1人につき3,000円~5,990円を加算
  • *物価スライドに伴う手当額の変動があります
◆支給方法
申請の翌月分から4月、8月、12月の各月11日(原則として)に、その前月までの分を指定の預金口座に振り込みます。

 <問い合わせ・申込み> 金沢市福祉総務課
             TEL:076-220-2285/FAX:076-220-2360
母子 父子
[ページトップへ]

[ひとり親家庭等医療費助成制度]

 
 ひとり親家庭では、病気やけがによって通院や入院した場合、ひとり親家庭の保護と福祉の向上を目的として、その家庭への精神的・経済的負担に対する助成措置として医療費の助成を行います。
 
◆対 象
・母子家庭の母及び児童
・父子家庭の父及び児童
・父母のいない児童
・父または母が重度の障害にある児童および父または母
*児童は18歳になって最初の3/31まで
 (重・中程度の障害のある児童は20歳未満)
・入院、通院とも助成
◆助成方法
 父、母または扶養者については、市内の指定医療機関で受給者証を提示し、窓口で健康
保険適用の本人負担を支払った場合、後日、指定の口座振り込まれます(自動償還)。
児童については、現物給付となります。
自動償還や現物給付にならなかった場合は、助成金の請求申請手続きをしてください。
※申請に必要なもの ひとり親家庭等医療費受給資格証または子供医療証、健康保険証、
印鑑、領収書原本を持参のうえ、診療月の翌月以降に申請してください。
◆助成額
 保険診療分の自己負担額から月額1,000円を差し引いた額。
ただし、高額療養費、付加給付金、健康保険適用外の費用は助成対象外となります。
◆申請期限
  診療月の翌月から5年以内
◆所得制限
 児童扶養手当と同様の所得制限あり

 <問い合わせ・申込み> 金沢市健康政策課
             TEL:220-2233 / FAX:220-2231
             金沢市役所1階 福祉と健康の総合窓口、各
             市民センター、各福祉専攻センター
母子 父子
[ページトップへ]

[石川県交通災害等遺児すこやか資金]

 父または母を交通、労働、地震等の災害により亡くされた中学校修了前の遺児をはげますため、養育者に対し一時金として支給されます。
 ●支給額  遺児1人につき  50,000円
※北陸交通災害等遺児をはげます会援助事業の援護申請も同時に取り扱います。
(対象は、生計中心者である父または母を交通、労働、地震等の災害及び犯罪被害により亡くされた高等学校修了前の遺児です。)
 
 <問い合わせ・申込み> 金沢市福祉総務課
             TEL:076-220-2285/FAX:076-220-2360
母子 父子 

[ページトップへ]

[インフルエンザ予防接種の助成]

ひとり親家庭等医療費助成を受けている世帯の児童(1歳~6歳)に対し、インフルエンザ予防接種
券(無料・1回分)を発行します。対象者に10月頃発送されます。  
 <問い合わせ・窓口> 金沢市健康政策課
             TEL:220-2233 / FAX:220-2231
母子 父子 

[ページトップへ]

[母子父子寡婦福祉資金貸付制度]

 母子家庭及び父子家庭並びに寡婦の生活安定と、その児童の福祉の向上を図るために、無利子または低利で各種貸付を行っています。
貸付金の種類・限度額などの詳細については、窓口でお尋ねください。
  ◆保証人等  
・連帯保証人1名を必要とする場合があります。
・児童を対象とした修学資金、就学支度資金、修業資金、就職支度金は、その対象児童連帯借主になります。
  「金沢市母子父子寡婦福祉資金貸付金一覧表」はこちら(PDF)。
 <問い合わせ・申込み> 金沢市福祉総務課
             TEL:076-220-2285/FAX:076-220-2360
母子 父子 寡婦
[ページトップへ]

[生活福祉資金貸付制度]

 低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯を対象とした貸付制度です。母子、父子、寡婦の方は
まず、母子父子寡婦福祉資金をご相談ください。
貸付の要件、貸付金の種類・限度額などの詳細については、窓口でお尋ねください。
 <問い合わせ・申込み> 金沢自立生活サポートセンター(金沢市社会福祉協議会)
             TEL:231-3720 / FAX:231-3560
             【高岡町7番25号 金沢松ヶ枝福祉会館内】
母子 父子 寡婦
[ページトップへ]