トップページに戻る

就労のサポート



[就業支援事業(講習会・セミナー等)]

 ひとり親家庭の母・父、寡婦の方を対象とした就業支援を行っています。保育サービスあります。(一部教材費、受験手数料を除いて無料)
◆介護職員初任者研修
◆医療事務講座
◆パソコン3級取得講座(ワープロ・表計算・プレゼン)
◆調剤薬局事務講座
 詳細はこちら「事業計画(PDF)」

 <問い合わせ・申込み> 金沢市母子寡婦福祉連合会
             TEL/FAX:076-224-3417
母子 父子 寡婦
[ページトップへ]

[ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業]

ひとり親家庭の親及び子ども(20歳未満)が高等学校卒業程度認定試験合格のための講座を受講した場合に給付金を交付します。<所得制限有>
   ◆申請時期 受講開始日の15日前まで
        (申請前に金沢市福祉総務課までご相談ください。)
   ◆対象講座 高等学校卒業程度認定試験合格を目的とするもの
   ◆交付金額 受講終了時給付金:費用の2割(10万円限度)
         合格時給付金  :費用の4割 ただし、受講修了給付金との合計が
                  15万を超える場合には15万円限度)
  <問い合わせ・申込み> 金沢市福祉総務課
              TEL:076-220-2285



母子 父子
[ページトップへ]


[母子・父子自立支援プログラム策定事業]

 児童扶養手当を受給している方を対象に、専門のプログラム策定員がハローワーク等と連携してきめ細やかな自立・就労支援を行います。
 料金はかかりません。
 <問い合わせ・申込み> 金沢市福祉総務課
             TEL:076-220-2285/FAX:076-220-2360
母子 父子
[ページトップへ]

[自立支援教育訓練給付金]

ひとり親家庭の母・父の就業促進と自立支援を目的として、就職に必要な職業資格を取得するために、教育施設に入学し、その課程を修了した方に対して、給付金を交付します。   
受給資格ひとり親家庭の母・父
所得制限あり (児童扶養手当に準じた本人の所得制限があります。)
対象資格厚生労働大臣が指定する教育訓練に係る講座
(例)医療事務、パソコン、簿記、調理師等)
助成金額雇用保険受給資格あり:費用の4割(上眼10万円)
雇用保険受給資格なし:費用の6割(上限20万円)
(入学金、授業料、教科書代、実習費等)
申請時期受講開始日の15日前まで
(事前に金沢市福祉総務課までご相談ください。)
  <問い合わせ・申込み> 金沢市福祉総務課
              TEL:076-220-2285/FAX:076-220-2360

母子父子
[ページトップへ]

[高等職業訓練促進給付金]

ひとり親家庭の母・父の経済的自立に効果的な資格を取得するために1年以上養成機関等で修学する場合で、就労(育児)と修学の両立が困難な場合に、生活費の負担軽減のため給付金を交付します。
   ◆申請時期 修学を開始した日以降
        (申請前に金沢市福祉総務課までご相談ください。)
   ◆対象資格 看護師(准看護師)、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士等
   ◆交 付 額   
区    分         市町村民税
非課税世帯※     課税世帯※
訓練促進給付金
平成23年度までの入学者
141,000円(月額)70,500円(月額)
平成24年度以降入学者 100,000円(月額)
修了支援給付金 50,000円25,000円
※世帯には、扶養義務者(世帯分離している同居の親族)も含みます。
◆交付期間 修学の全期間
(ただし、平成24年度以降入学者については上限3年)
☆児童扶養手当に準じた本人の所得制限があります。
☆ハローワークの訓練延長給付等、他の類似制度の利用がある場合、対象とならないことがあります。
 <問い合わせ・申込み> 金沢市福祉総務課  
             TEL:076-220-2285/FAX:076-220-2360
母子父子
[ページトップへ]